断熱効果が高い

桐は熱伝導度が小さく、炎にあった場合も、表面が炭化すればその後は熱気を通しにくくなり、内部から火を保護する性能が大きい。

金庫内箱などに使用されるのはそのためです。

優れた断熱性能により、室内の温度が外気に左右されにくいため、冷暖房費が軽減される効果もあります。

桐の熱伝導度【桐材は物理的性質】

社団法人日本木材加工技術協会編「材質一覧表」より抜粋

樹種 熱伝導率(Kcal/m.h.c) 樹種 熱伝導率(Kcal/m.h.c)
スギ 0.075 キリ 0.063
トドマツ 0.077 カツラ 0.091
モミ 0.082 シオジ 0.096
ヒノキ 0.082 ヤチダモ 0.099
ヒバ 0.084 クリ 0.108

燃えにくいもう一つの特徴

桐は他の木材に比べ、着火点、発火点が高いため燃えにくいです。
※木材に火がつく温度を着火点、炎となって燃え出す温度を発火点と呼びます。
着火点 スギ→180度
桐→270度
発火点 桐→475度

防腐・防虫・殺虫効果に優れています

桐は昔から大切な衣類・掛軸等の収納に最適な素材として使われています。

桐に含まれる、タンニン、バウロミン・セサミン・キシリトールなどがその要因といわれています。